FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラオナ技術(10)カップ二つ折りカップ表包み

一言でブラオナ、ブラコキと言っても様々なテクニックがある。
世界中で様々な男性がチンポとブラジャーを接触させて、快楽を享受している。
それぞれのケーススタディをしつつ、
ブラジャーの性質・特徴を考慮した最高のブラオナを体験しようではないか!

※注1:ブラジャーのパーツ名称は以下の図に倣う。
a_bra_name_01 2
※注2:”利き腕”とは、あくまでも、せんずりするときの利き腕とする。




ブラオナ技術(10)
カップ二つ折りカップ表包み



連載9回までは、常に、チンポはブラジャーのカップ裏側と接触していた。
今回のテクニックはそれを完全に覆す。
なんと、ブラジャーを二つ折りにはするものの、反対側に二つ折りにし、
つまり、ブラジャーのカップの表側でチンコを包んでしまうのだ!


126339954c07850884ed.jpg
e4a17bec-s.jpg

これは以下のようなケースに適している。
・ブラジャーのカップの内側より外側の繊維の肌触りがチンポに心地よい場合。
・内側もいいが、外側の感触も味わいたいとき
・カップの外側のレースをチン先で味わいたいとき

176805.jpg
1354264.jpg

まあ、このテクニックにも勿論、
・<ポジションの選択肢>アンダー竿根元か?カップ上辺竿根元か?カップ脇竿根元か?
・<せんずり利き腕の配置>前中心利き腕擦りか?バック側利き腕擦りか?
で様々なテクニックの分岐があるのだが、
世界から収集した事例が少なめだったので、割愛させていただく。










★女性がブラジャーを外さず、騎乗位でチンポに乗っかってる貴重動画約500件のリストはこちら★













関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。